勝手に標準化会議#2-標準化とは/標準化の標準化-

「勝手に標準化会議」ブログへようこそ!

前回の記事では、筆者が標準化を通して学んだことや、日常生活で感じるズレを修正するために試みたことなどを紹介しました。

今回は、「標準化の標準化」というテーマについて、さらに深く掘り下げて考えていきたいと思います。

 

難易度 :★★☆(少し難しめな内容)

衝撃度 :★☆☆(驚かない内容)

作成時間:2時間くらい

 

目次

 

1. 標準化とは?

標準化とは、特定の分野における共通のルールや規格を定めることです。

例えば、製品のサイズや形状、品質などを統一することで、生産効率を上げたり、消費者にわかりやすくしたりすることができます。

もっと具体的な例でいうと「標準語」という単語がありますね。言葉を共通化することでコミュニケーションを取りやすくしています。

 

2. なぜ標準化するのか?

私自身、製造業のITシステム部署で仕事をしているため、「標準化」というものは普段から接しています。

仕事で必要とされるのスキルを私生活で生かせる場所はないか?と考えた時にこのようなブログの形を思いつきました。

 

私がパートナーと生活する中で感じるギャップは「標準」と「普通」の区分けがない点にあります。

私なりの解釈を加えると、一般的な人たちの使う「普通」という言葉は標準化されたもののうち世の中に広く普及している(と発言者が思い込んでいる)ものを指しているような気がします。

 

3. 標準化の標準化とは?

標準化の標準化とは、標準化に関するルールや規格を定めることです。

具体的には、以下のような内容が含まれます。

  • 標準化の目的
  • 標準化の対象範囲
  • 標準化の責任者
  • 標準化の手続き
  • 標準化の評価

私の場合に当てはめて考えるとこのような感じになります。

  • 標準化の目的:パートナーとのよりよい生活を送る
  • 標準化の対象範囲:パートナーと関わる日常生活のあらゆる局面
  • 標準化の責任者:私
  • 標準化の手続き:ブログにまとめていく
  • 標準化の評価:ケンカの回数がどれくらい減ったか(目標:月3割減)

なお、それぞれの項目について、標準化を進めていくうえで、必要に応じて変更します。

 

4. 標準化と実践

標準化は標準化することが目的ではありません。当初の目的(私の場合はパートナーとのよりよい生活を送ること)を達成することが目的です。

標準化した内容をもとに実践してみて(私の場合は実際に生活してみて)、ある程度の期間で区切って振り返りを行い、どのくらい目的が達成されたのかを確認して、標準化した内容を必要に応じて実態に合うように更新していくことが重要です。

 

5. まとめ

「標準化」とは、特定の分野における共通のルールや規格を定めることです。製品の品質向上や効率化、コミュニケーションの円滑化などに効果があります。

日常生活においても、標準化を取り入れることで、よりよい生活を実現することができます。例えば、家事分担や掃除方法などを標準化することで、揉め事の減少やストレス軽減につながります。

標準化は、標準化する対象に関わる人が協力して取り組むことが重要です。互いの意見を尊重し、話し合いながら、皆さんにとって最適な標準を見つけていきましょう。

 

6. 次回予告

次回の投稿では、時間管理の標準化について、私が実際に試みた方法を紹介したいと思います。

ご期待ください!

P.S.

コメント欄で、「勝手に標準化会議」に参加したいという方募集しています!

一緒に、一般的な人の感覚を身に着けましょう!

勝手に標準化会議#1-初投稿-

「勝手に標準化会議」ブログへようこそ!
今回はこのブログの目的と私の簡単な自己紹介を中心とした記事になっています。

 

難易度 :★☆☆(誰でも理解できる内容)

衝撃度 :★☆☆(驚かない内容)

作成時間:1時間くらい

 

目次

 

1. はじめまして!

私は理系大学院を卒業した29歳です。現在はITエンジニアとして働いています。このブログの主な登場人物は2人、一人称が私、同棲している相方をパートナーと呼びます。

大学時代は研究に没頭し世間一般の常識や流行に疎いまま過ごしてきました。そんな私が、社会人として働く中で、様々な場面で「ズレ」を感じることが増えました。

特に、パートナーとの同棲生活を始めてからは、そのズレが顕著になり、衝突することも少なくありませんでした。

そこで、私は「標準化」という方法で、自分自身に一般的な人の感覚を身に着けることを決意しました。

 

2. ブログの目的

このブログでは、私が標準化を通して学んだことや、日常生活で感じるズレを修正するために試みたことなどを、理系目線でユーモアを交えながら紹介していきます。

具体的なテーマとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 時間管理の標準化
  • 家事の標準化
  • コミュニケーションの標準化
  • ファッションの標準化
  • 趣味の標準化

 

3. ブログを通して伝えたいこと

このブログを通して、理系の人々が抱える共通の悩みを共有し、社会人としての適応力を高めるためのヒントを提供できれば幸いです。

理系の方に共感していただいたり、理系の方をパートナーとする方に共感していただいたり、クスっとしたりしてもらえたら嬉しいです。

また、同棲生活における男女の価値観の違いや、コミュニケーションの重要性についても、私の経験を基に考察していきたいと思います。

 

4. 読者の方へ

このブログは、理系出身の方はもちろんのこと、一般的な感覚を身に着けたい方や、同棲生活で悩んでいる方にも役立つ内容となるよう心がけています。

コメント欄では、ご質問やご意見をどしどしお寄せください。

 

5. 次回予告

次回の投稿では、標準化の標準化について、私が実際に試みた方法を紹介したいと思います。

ご期待ください!

 

P.S.

コメント欄で、「勝手に標準化会議」に参加したいという方募集しています!

一緒に、一般的な人の感覚を身に着けましょう!